トップページ > 講座は信頼と安心の文部科学省認定!

講座は信頼と安心の文部科学省認定!

当センターの衛生管理者講座・行政書士講座は、テキストや報告課題の内容、学習指導体制などについて、文部科学省によって審査され、認定された通信教育です。なお、いずれの講座も資格を所管する各省庁の指導等を受けた確かなものです。
テキストの内容や指導陣の充実はもとより、成績優秀者には「文部科学大臣賞」が授与されるなど、受講生を常に応援する安心できるシステムとなっています。

文部科学省認定通信教育とは

■社会通信教育の認定
文部科学省では、社会教育法に基づいて学校又は一般社団法人、一般財団法人などの非営利団体である公益法人が行なう社会通信教育で、社会教育上奨励すべき通信講座を認定しています。
通信教育事業を継続できるだけの資産があること。教材の内容や添削指導が適切であること。相当数の学習指導者が設置されていること。などについて、規程に基づいて審査しますので安心して受講することができます。
認定した通信教育には「文部科学省認定」の表示をすることができます。
■認定後の指導・監督
文部科学省は、認定した社会通信教育の実施者を指導し監督します。
実施者が認定社会通信教育の社会的信用を傷つけたり、受講者に不利益を与えることがないようにするためです。

たとえば、認定社会通信教育の基本教材を変更する場合は文部科学大臣の許可を必要とし、実施者が法律等に違反したときは、文部科学大臣は認定を取り消すことができることになっています。
■表彰制度
修了生の中から、特に優秀な成績で修了した人に対して、文部科学大臣賞が授与されます。
■教材送付・質問・レポート提出はすべて4種郵便が適用
「文部科学省認定」は、教材・機関紙・質問・レポートなどの送付物については、第4種郵便が使用できます。
これにより受講生はレポート提出や質問などの郵便物について重量100gまで15円で利用できます。リポートを送付する郵便料金の82円切手も、当センターの通信講座なら15円切手で済みます。

「一般財団法人社会通信教育協会認定通信教育」とは?

■社会通信教育の認定
一般財団法人社会通信教育協会では、社会教育法に基づいて学校又は社団法人、財団法人などの非営利団体である公益法人が行なう社会通信教育で、社会教育上奨励すべき通信講座を認定しています。
通信教育事業を継続できるだけの資産があること。教材の内容や添削指導が適切であること。相当数の学習指導者が設置されていること。などについて、規程に基づいて審査しますので安心して受講することができます。
認定した通信教育には「一般財団法人社会通信教育協会認定」の表示をすることができます。
また「生涯学習インストラクター」の資格を取得できるのが、この認定講座の特典です。