トップページ開講講座一覧 > 防災士養成講座

防災士養成講座

防災士とは・・・

防災士とは「自助・互助・協働」を原則として社会の様々な場で、減災と社会の防災力向上の為の活動が期待され、且つ、その為に十分な「意識・知識・技能」を有する者として認められた人のことを言います。
NPO法人日本防災機構(会長:元兵庫県知事「貝原俊民」)が定めた一定のカリキュラムと試験を終了し、防災に関する知識と実践力を身に付けた防災リーダーたり得る人を「防災士」と呼びます。防災士は災害に備えて研鑚し、自らの命を守り周囲の人々を助ける安全と安心の担い手なのです。

防災士の役割とは

平常時では・・・
家庭はもとより、地域及び職場で防災意識の啓発と災害時に備える安全対策に当たるほか、大災害に備えた自助・共助による救出救助の訓練や連携に取り組みます。
災害発生時には・・・
それぞれの所属する団体・企業や地域などの養成により、避難や救助・救命、避難所の世話にあたるなど、公的な組織やボランティアと協働して活躍します。社会の自助・共助ネットワークの中で防災士はリーダーとなり防災の知識・技術を効果的に発揮します。

今なぜ「防災士」が求められるのか?

わが国では、いつどこで大規模災害が発生してもおかしくありません。地震など自然災害の発生を防ぐ事はできません。しかし「備え」があれば被害を大幅に減らすことができます。その備えを日常的に実践することこそが防災の課題になります。
私たち一人一人の生命・財産の「減災」を実現させ、日本の「防災力の強化」に直結する防災士の育成は社会全体の緊急要請なのです。
また、いったん大災害が発生した場合、被害の規模が大きいほど救急車・消防・警察、さらには自衛隊など公的な支援の到着が遅れるという厳しい現実に対応しなければなりません。公的支援が到着するまでの間、家庭・地域・職場での生命・財産への被害を最小限に軽減させる役割を防災士に期待できます。
このように防災士と防災士制度は国民の総意として求められ推進されています。

防災士になるには

日本防災士機構認証団体である一般財団法人日本経営教育センターによる講習を修了することで資格試験にチャレンジできます。