トップページ開講講座一覧 > 遺品整理士養成講座

遺品整理士養成講座

カリキュラム

本講座について
※遺品整理士認定協会が教材と指導を提供します。
教材構成・教本
・資料集
・問題集
・DVD
標準学習期間2ヶ月(目安)
※2ヶ月間の受講期間延長(無料で更新できます)の場合は、遺品整理士認定協会までご連絡をお願いします。
受講料 一般価格:25,000円(送料・税込)
企業価格:25,000円(送料・税込)
会費 5,000円(資格認定手続き含む)・・・2年間有効
教材の内容
1.教本
【第1部】遺品整理・遺品整理業とは 第1章 遺品整理とは何か
第2章 専門家が今、必要とされる理由とは
第3章 取り巻いている、様々な社会問題
【第2部】遺品整理を行うためには 第1章 実務を行っていく上で必要なこととは
第2章 行われている"実際の業務"とは
第3章 作業を行う上での留意点
第4章 法規制との関わりについて
【第3部】事例研究について 第1章 事例研究について
2.資料集
資料集は、業務の実例をもとに、教本の知識では想像しにくい部分を埋めるだけでなく、今後作業される際にも役立つ有益な資料集となっております。さらに業務のイメージを持たせるものとしてご活用ください。
3.DVD
教材DVDの講師の一部をご紹介いたします。
○『孤立死問題をどのように見るか。』
     小川 栄二 氏(立命館大学産業社会学部 教授)
○『遺品整理業と法令遵守』
     杉山 央 氏(赤れんが法律事務所 弁護士)
○『遺品の価値と遺品整理士の社会的役割』
     村松 恒平 氏(作家・編集者)
○『ご遺品の供養についての心構え』
     中山 猛 氏(株式会社焚上協会 代表取締役)他
4.問題集
教本・資料集・DVDにて学習を進めたのちに、問題集の全設問にご解答いただき、当協会に一括でご提出をお願いいたします。
基準に達していた場合、遺品整理士として、資格を認定しご活躍していただくことが可能です。
お申込みから資格認定の発行までの流れ
資格認定を希望されない方も受講できます。